ひとり親家庭への経済的支援について

更新日:2017年11月14日

ひとり親家庭等医療費支給制度

児童を監護するひとり親家庭の親及び児童、養育者が監護する父母のいない児童の医療費の一部負担分を公費で負担します。(所得の制限があります。)

ひとり親家庭等医療費助成制度

上記のひとり親家庭等医療費支給制度を所得制限により受給できない方に対して、医療費の一部を行橋市が助成します。

母子・父子・寡婦福祉資金の貸付

母子・父子家庭及び寡婦の経済的自立の助成と生活意欲の助成を図り、その児童の福祉を増進するため、無利子または低利で各種資金の貸付を行っています。

[種類]
修学資金、就学支度資金、就業資金、結婚資金、就職資金等

児童扶養手当

父母の離婚、父母の死亡などにより父または母と生計が異なる児童や、父母に一定以上の障がいのある児童の、父母または養育者に対し、所得に応じて支給され、ひとり親家庭などの生活の安定と自立を助け、児童福祉の増進を図ることを目的としています。所得により、全部支給・一部支給・支給停止のいずれかとなります。
[支給金額] H29年4月~

区分 児童1人 児童2人 児童3人 以降
全部支給 42,290円 52,280円 52,280円 5,990円ずつ加算
一部支給 9,980円~
42,280円
14,980円~
52,260円
17,980円~
58,240円
3,000円~
5,980円ずつ加算

 

[お問合せ]
子供支援課 児童家庭係 0930-25-1111(内線1811・1812)

このページに関するお問い合わせ

子供支援課

電話
:0930-25-1111
ファクシミリ
:0930-22-7952
E-Mail
kodomo@city.yukuhashi.lg.jp