母子・父子家庭自立支援給付金制度について

更新日:2017年11月15日

母子・父子家庭のお母さん・お父さんを応援します!

行橋市では、『資格をとって働きたい!』『仕事を探している!』そんな母子・父子家庭のお母さん・お父さんを応援する色々な事業を実施していますので、ぜひご相談下さい。

1.自立支援教育訓練給付金

母子家庭の母又は父子家庭の父が、就業を目的とした教育訓練給付に関する講座を受講し、修了した場合に受講料の一部を給付します。

対象者

次の要件をすべて満たす方
•児童扶養手当の受給者又は同等の所得水準の者
•雇用保険の教育訓練給付の受給資格がない者 
 ※ただし、雇用保険の教育訓練給付金の支給額が下記の支給額に満たない場合は差額支給が可能です。
•この教育訓練を受けることが適職に就くために必要であると認められる者
•過去に自立支援教育訓練給付を受給したことがない者

対象講座

雇用保険法に基づく教育訓練給付の指定講座です。

•パソコン
•簿記
•介護ヘルパー2級
•CAD製図など

支給額

対象講座の受講料の6割(上限20万円、ただし12千円以下は支給対象外)

手続き

講座受講開始前に相談し、対象講座指定申請が必要です。
(受講開始後は、対象となりませんので御注意ください。)

2.高等技能訓練促進給付金

専門的な資格取得を容易にするため、母子家庭の母又は父子家庭の父が1年以上養成機関で修業する場合に、一定期間、高等技能訓練促進費を支給し、生活費の負担を軽減します。
また、養成機関で修業が修了した場合に、入学支援修了一時金を支給します。

対象者

次の要件をすべて満たす方

  • 児童扶養手当の受給者又は同等の所得水準の者
  • 養成機関において1年以上の教育課程を修業し、対象資格の取得が見込まれる方
  • 就業又は育児と修業の両立が困難であると認められる方
  • 過去にこの訓練促進費を受給したことがない方

対象講座

  • 看護師
  • 准看護師
  • 介護福祉士
  • 保育士
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 歯科衛生士
  • 美容師
  • 社会福祉士
  • 製菓衛生士
  • 調理師など

支給対象期間

平成24年度入学の方は、全修業期間(上限3年)
平成25年度以降入学の方は、全修業期間(上限3年)

支給額(平成24年4月~)

市町村民税が世帯全員非課税の方

高等技能訓練促進費 月額 100,000円
入学支援修了一時金 50,000円

上記以外の方

高等技能訓練促進費 月額 70,500円
入学支援修了一時金 25,000円

申請時期

養成機関において修業を開始した日以降。
※最初に事前相談をしてください。
修了一時金の支給申請は、修業修了の翌日から起算して1ヶ月以内に行ってください。

申請に必要なもの 

  • 戸籍謄本又は抄本(母子)
  • 所得課税証明書
  • 児童扶養手当証書(お持ちの方)
  • 養成機関が発行する在籍証明書
  • 振込を希望される申請者名義の通帳等(郵便局不可)
  • 認め印

案内チラシ(PDF)

このページに関するお問い合わせ

子ども支援課

電話
:0930-25-1111
ファクシミリ
:0930-22-7952
E-Mail
kodomo@city.yukuhashi.lg.jp